ベンツVにベッドキット!

「車中泊やキャンプを楽しみたい―。」とリクエストをいただき、

ベッドをオーダー製作させていただきました!

ベンツVでキャンピング・車中泊を楽しむことができるベッドをオーダー製作。
▲こだわりのマット色と生地でかっこよく仕上がったベッドキット。

ベッドフレームは、軽量で丈夫なトランポプロフレームを採用しています。

乗車優先のときには、ベッドを簡単に外すことができるのがポイントです。

ベンツVでキャンピング・車中泊を楽しむことができるベッドをオーダー製作。
▲車中泊の際はセカンドシートを目一杯前に設置して、ベッド空間を広く確保します。
ベンツVでキャンピング・車中泊を楽しむことができるベッドをオーダー製作。
▲乗車する際は、ベッドの一部を外して…
ベンツVでキャンピング・車中泊を楽しむことができるベッドをオーダー製作。
▲セカンドシートの足元の空間を確保します。
ベンツVでキャンピング・車中泊を楽しむことができるベッドをオーダー製作。
▲セカンドシートの足元を確保した分、ベッド長が少し短くなります。

シンプルな作りにすることで、乗車・車中泊・荷物積載…と様々な場面に対応できます。

使いやすさを重視したベッドキットになりました!

ベンツVでキャンピング・車中泊を楽しむことができるベッドをオーダー製作。
▲ぜひ、楽しいカーライフをお過ごしください!

気軽に楽しく使うことができるベッドキットが気になる―。

という方、ぜひお気軽にお問合せください(^^)/

⇒お問合せはコチラ

ステップワゴンにサブバッテリー

今回はステップワゴンでの車中泊を楽しむお客様のリクエストで、サブバッテリー関係の装備をさせていただきました。

ステップワゴンにサブバッテリー&100Vコンセントキットを装着しました
▲ステップワゴンの3列目横に集中スイッチを付けました
ステップワゴンにサブバッテリー&100Vコンセントキットを装着しました
▲3列目シートを格納するトランク部分にバッテリーと走行充電ユニット

ステップワゴンは3列目シートを格納することもあるので、上写真のバッテリーと走行充電ユニットは簡単に外せるように作ってあります。

ステップワゴンにサブバッテリー&100Vコンセントキットを装着しました
▲通常はこんな感じ。上に荷物も置けるので便利ですね!

・LEDダウンライト・100Vコンセント・12Vシガーソケット・USB(2口)・バックドア換気扇・TV(ナビACC)をサブバッテリーで使えるようになりました。

ステップワゴンにサブバッテリー&100Vコンセントキットを装着しました
▲LEDダウンライトは室内への凸もなく、均等に明るくなるのでオススメ!
ステップワゴンにサブバッテリー&100Vコンセントキットを装着しました
▲左上から・電圧計・USBポート・12Vシガー・100Vコンセント

ちなみに、このお車はベッドキットやテーブルなどはお客様の自作。

いろいろと試行錯誤しながら快適な車中泊を楽しんでいらっしゃるご様子で、本当に羨ましくなりました(^^)

「自分で出来ない部分だけ、OSPトランポキットへ!」そんなリクエストも大歓迎ですよ~!

 

お問合せは info@tranpo-kit.com まで。 お気軽にどうぞ!

OSPファクトリーに看板!

ファクトリーに看板を設置しました!(^^♪

トランポ、キャンピング、車中泊のことならOSPトランポキットへ!

皆様、お近くにお立ち寄りの際には新しい看板を見に遊びに来てくださいね!

スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております(^^)/

トランポ、キャンピング、車中泊のことならOSPトランポキットへ!

トランポ・バイク&車中泊仕様

ハイエース・S-longをベースにした『バイク&車中泊仕様』が完成しました!

ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲充分な居住空間を確保しつつも、バイク積載スペースもしっかりとりました。

幅広のベッドと充分な積載スペースを両立させたアレンジです。

広い車内空間だからこそ、できる限りデッドスペースを作らないように設計しています。

ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲3枚のマットを並べれば、広い全面ベッドが完成!
ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲ベッドは跳ね上げ式です。ベッドの脚は着脱式でマット裏もスッキリ!
ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲100Vコンセントシステムを搭載したサイドボックスはスリムなつくりがポイント!
ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲ボックス内は収納スペースになっているので、小物を整理するのにピッタリ!
ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲セカンドシート後ろとベッドの間にスペースがあるので、ベッド状態でも積載力はバツグン!
ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲セカンドシート後ろの位置にタイヤストッパーを装備しました。
ハイエースS-longでキャンピング車中泊、バイク仕様のオーダー製作例です。
▲ガソリンのにおいを外に排出してくれる【バックドア換気扇】

この装備なら長距離遠征も車中泊旅も無敵です!(^^♪

「気になるなぁ―。」という皆様、お気軽にお問合せください!(→コチラ)

断熱防音加工

今日は工場でお客様自ら断熱防音加工の作業をしています!

スタッフはお手伝いです(^_-)-☆

車内の天井や壁、エンジンフードの部分に断熱材や防音・防振の素材を入れ込むことで、

車内環境の改善を図ることができます。

目に見えない部分の加工ですが、これはかなり重要な基礎作業のひとつではないかと思います!

ハイエース、NV350キャラバンに断熱防音加工するならOSP!
▲防音・防振効果を出すための作業です

夏の暑さ、冬の寒さ、雨音…など、改善されるので、車内で快適に過ごすことができますよ。

夜寝るときの雨音、案外気になります(;^ω^)

ハイエース、NV350キャラバンに断熱防音加工するならOSP!
▲天井もこのとおり

天井や壁のトリムを外す必要がありますので、ベッドキットなど内装を作りこむ前に、

施工するのがおススメです。

「気になるかも…」という方、お気軽にお問合せください(^^)

→お問合せはコチラ

バックドア換気扇

OSPトランポキットでは、ハイエースやキャラバン、ベンツのVクラスなど車の荷室に換気扇を施工することもあります。

家の換気扇のような本格的な物を天井に付ける例もありますが、これは車の全高も変わってしまうし、金額的にもかなりの出費になる大工事…↓

ハイエースやキャラバンに換気扇を付けられます
▲天井中央が換気扇。直径30cmぐらい物で家庭用のものと同じぐらい強力です!

そこでオススメなのがバックドア換気扇です↓

ハイエースにバックドア換気扇を付けました。
▲ハイエースにバックドア換気扇。ドアの下端とバンパーの隙間から排気

バックドアの空間に10cmぐらいのファンを埋め込んで、ボディとドアの隙間から排出します。写真は片側ですが、ドアの左右にファンを付ければ、結構しっかり換気できます。

ベンツのVクラスにバックドア換気扇を付けました。
▲ベンツVクラス(W447)にバックドア換気扇。ドア下面に隙間が無く、側面排気にしました。

【ライトキャンパー】はトランポにも最適!

昨年末から急速に人気が高まっている、ハイエース/NV350キャラバン用のベッドキットの最高峰【ライトキャンパー】は、実はオートバイのような大型の荷物を積載するトランポにも最適なんです!

 

こんな、キャンピングカー然としたベッドキット↓ですが…

こんなに大きなフルサイズのオフロードバイクが積めちゃう↓のです!

左右のマットは簡単に跳ね上がるし… 脚もテーブルもカンタンに外せるから…


ご覧の通り、かなり広々した荷室が確保できる、ってわけです。

そんなわけで、今月はバイク雑誌にも【ライトキャンパー】ベッドキットの広告出しちゃいました。

トランポ派の皆さま!OSPの【ライトキャンパー】ベッドキットは使えますよ(^^)/

フレーム式跳ね上げベッド ここが〇

先日、ネッツトヨタディーラーのご注文で、ハイエースS-GLにフレーム式の跳ね上げベッドを取付けてきました!

ハイエースのベッドキットはOSPへ
▲ハイエース用の跳ね上げベッド。左右付ければ全面フルフラットになります。

ご覧の通り、片面ずつ跳ね上げれば広い荷室はほとんどそのまま使えます。

ハイエースにベッドキットを付けるなら、OSPの跳ね上げベッド
▲片面ずつ跳ね上げて収納できるので、積み荷に合わせてベッドスペースをアレンジできます。
ハイエースのキャンピングカー制作ならOSPトランポキットにお任せください!
▲両面跳ね上げてしまえば、荷室は広々。取り外して収納…ではないので、カンタンです。

この跳ね上げベッドの美点は、荷室にほとんど出っ張らないこと。このアングルから写真を撮ると床面がほとんど犠牲になっていないのが分かります↓

ハイエースに跳ね上げベッドを付けるなら、OSPのベッドキットです!
▲フレームがほとんど荷室に出っ張っていないのが魅力!

ハイエースのベッドキットは用途に応じていろいろな種類があります。この跳ね上げベッドは、荷室(床面)スペースを犠牲にしない、どちらかと言うと「積載優先」型でしょうか?

他にもより快適性や収納力を重視した「BOX型の両面跳ね上げベッド」やそこから派生した「ライトキャンパー」などもあります。ぜひ、ご覧くださいね!

ホームページ改装中です

昨年末から、ハイエースやVOXYに本格的なベッドキットや100Vサブバッテリーシステムを組み込んだ【ライトキャンパー】シリーズが好調です。

そこで、様々なお客様のご要望にお応えできるように、ハイエース/NV350キャラバン/VOXY・ノア・エスクワイアに特化して、更に、車中泊やキャンピングが楽しくなるベッドキットやコンプリートカーのラインナップを拡充しています!

 

ということで、それに伴ってHPのメニューが少々変化しております。

「あれ?昨日見た時と違う!?」みたいになっていることもあるかと思いますが、既製品の内容や価格は変更していませんので、ご容赦ください。

 

そして、間もなく登場予定の【ライトキャンパー】&【ライトキャンパープレミアム】にご期待ください!

跳ね上げベッドをちょっとアレンジ

ハイエースやキャラバンで、比較的安価なフレーム式跳ね上げベッドの定番はこれ↓ですが…

ハイエースやキャラバンに跳ね上げベッドを付けるなら、OSPのベッドキットがオススメ!
▲片面跳ね上げベッド(ハイエース用 ¥76,000+税)

今回はお客様のオーダーでちょっとアレンジを加えて、こんな感じになりました!

ハイエース用の片面跳ね上げベッドはオーダーで高さを変更することもできます。
▲ハイエース用の片面跳ね上げベッドの高さを50cmにあげて・・・

部分のパイプを追加することで、反対側のベッドフレームを引っ掛けます。

▲右面のベッドマットは引っ掛けて固定する方式にしました!
▲右面のベッドマットは引っ掛けて固定する方式にしました!
ハイエース用、組み立て式ベッドキットを作りました。
▲前後二分割にしたので、L型にも使えます。
▲右面のマットだけを外せば、片側の荷室を広く使えます。
▲右面のマットだけを外せば、片側の荷室を広く使えます。

こんなふうに、OSPトランポキットではHPにある様々なパーツ類のちょっとしたアレンジや寸法変更も可能です。いつでもご遠慮なく、あなたの使い勝手に合わせた内装をリクエストしてくださいね!

お仕事にはシステムキャリア

ハイエースやNV350をお仕事に使うお客様に人気なのは、やはりシステムキャリアです。

ハイエースをお仕事に。ハイエース棚、ハイエースキャリアの制作もOSPにお任せ!
▲ハイエース/キャラバンのシステムキャリア 基本はこんな形です。

上はハイエースS-GLへのキット装着例。これでも汎用性高く、お使いいただけますが、お客様のお荷物に合わせて、高さや幅、形状をオーダー制作することもできます。

 

こちらは、下段を高くした例。発電機がスッキリ収まりますね!

ハイエース用のシステムキャリアの高さを、発電機やコンテナケースのサイズに合わせて変えました。
▲ハイエース用のシステムキャリアの高さを、発電機やコンテナケースのサイズに合わせて変えました。

こちらは、床面がフラットなNV350ジャストローへの取り付け。完成形はほぼ同じですが、取り付け方が変わるので、オーダーになります。

キャラバン用システムキャリアをジャストロー車に合わせてオーダー製作しました。
▲タイヤハウスの凸が無いので、キャリアの最下段が有効に使えますね。

コンテナケースが大きいので、最下段の脚が立つ位置を後方にズラしました。こんな加工もできるんです。

ハイエースやキャラバン用の【トランポプロ】シリーズには様々なキャリアや棚がありますが、これをベースにあなたに使いやすいようにアレンジしてみてはいかが!?

アルミパイプは非常に軽量で、丸ノコがあれば簡単に切れますよ!

 

 

ハイエース2段ベッドのキャンピングカー

キャンピングカーの2段ベッドは通常かなり複雑で高価な物になることが多いのですが【トランポプロ】のフレームを使うと、かなりシンプルにお安く、強度のある2段ベッドを作ることができます。

ハイエースの2段ベッドもOSPトランポキットで作れます。
▲全長180㎝ 全幅140㎝のゆったりした2段ベッドが完成しました!
ハイエースに2段ベッドを作るならOSPトランポキット
▲キャリアにも使われるフレームは耐荷重30㎏あるので、全体で150㎏までOKです。
ハイエースのキャンピングカー制作ならOSPトランポキットにお任せください!
▲下段ベッドも多彩なレイアウトができるので、キャンピングからトランポまで幅広く使えます。
ハイエースに15インチフリップダウンモニターを設置!
▲広島『オフタイム』製オーバーヘッドポケットはフリップダウンモニター取付に最適!

ハイエースやキャラバンをベースにしたキャンピングカーやトランポはこちらの作例にも掲載しています。是非ご覧くださいね!

ライトエースの【ライトキャンパー】作りました!

人気の【ライトキャンパー】シリーズは、ハイエース/キャラバンか、ヴォクシー/ノア/エスクワイアが定番ですが、お客様からのリクエストにお応えして、今回はライトエースで【ライトキャンパー】を作らせていただきました!

ライトエースで車中泊キャンピングも良いですね!
▲ライトエースとは思えない充実の内装!このコンパクトさも魅力的ですね!
ライトエースで車中泊キャンピングも良いですね!
▲両面跳ね上げベッドにセンターテーブル。基本装備はハイエースクラスと変わりません。
ライトエース/タウンエースで車中泊、キャンピングも良いですね!
▲ベッド長はセカンドシートでフォロー。センターテーブルが掘りごたつのように使えます。
ライトエースでキャンピングカーも良いですね!
▲サブバッテリーキットを装備して、後席でTVも楽しめます!室内灯も良い感じですね!

後席でTVを見る時はカーナビのテレビチューナーを利用するのが、一番TVの映りがよいのですが、そのままだと車のバッテリー上がりが心配。。。そこで、サブバッテリーキットのオプションにある、「ナビACC連動スイッチ」を取付けます。↓このスイッチ

サブバッテリーを付けるなら、カーナビとACC連動スイッチを付けると便利です。
▲この小さいのがサブバッテリーでのナビACC連動スイッチ。

このスイッチをONすれば、車のキーを抜いている状態でカーナビの操作が出来るので、一晩中TVや照明をつけていても「バッテリーがあがってエンジンが掛からなくなった!!」なんて事はありません。

ライトエースにもFFヒーターが付けられますよ
▲これがFFヒーターの本体部分。けっこうコンパクトですね。

更にこのライトエースには「ウインタースポーツを満喫したい!」というお客様のために、FFヒーターも装備!キーを抜き、エンジンが掛かっていない状態でも、自動車の燃料(ガソリンや軽油)を使って暖房が出来るのです。しかも、ON-OFFタイマー付きですごく暖かいのです。

キャンピング、車中泊にFFヒーターはいかがでしょう?
▲下の丸いところから温風がでます。光っているのがON-OFFタイマースイッチ
ライトエース中古車でライトキャンパーはいかが?
▲ベース車がライトエースの中古車ですが、これだけ装備して250万切ってます。

ハイエースなら400~500万近くするんじゃないか!?と思われるぐらいの豪華装美をしたライトエースバン。実はこのお車はお客様のリクエストに沿う中古車を私どもで探させていただいたのですが、4WDで車両ごとの乗り出し価格が250万を切ってます!

ベッドにした時は、後席は使えませんが、2人乗りに割り切れるなら、ライトエース/タウンエースも「アリ!」だと思いますよ!

 

他の作例も是非ご覧ください。

80VOXY フルオーダー架装

80VOXYの内装をフルオーダー架装させていただきました。

快適な車中泊と釣りを楽しむことができるスペシャルカーが完成しました。

80VOXY,NOAH,ESQUIREをフルオーダー架装でキャンパー&釣り仕様
▲茶系の明るい内装が素敵ですね!

構造変更で4人乗り仕様にすることで広くなった車内空間を有効に使った

設計がポイントです。

80VOXY,NOAH,ESQUIREをフルオーダー架装でキャンパー&釣り仕様
▲左側には電子レンジ、開閉式テーブル、冷蔵庫を設置
80VOXY,NOAH,ESQUIREをフルオーダー架装でキャンパー&釣り仕様
▲使わないときにはテーブルを収納することができます。
80VOXY,NOAH,ESQUIREをフルオーダー架装でキャンパー&釣り仕様
▲大好評の100Vコンセントも装備。電子レンジを使うので高出力タイプです。
80VOXY,NOAH,ESQUIREをフルオーダー架装でキャンパー&釣り仕様
▲このとおり、電子レンジがバッチリ使えます!
80VOXY,NOAH,ESQUIREをフルオーダー架装でキャンパー&釣り仕様
▲右側には3列目シートを外した位置にテーブルを設置!

セカンドシート背もたれを倒して、ベッドマットの下に設置します。

マットを外せば乗車可能です。

80VOXY,NOAH,ESQUIREをフルオーダー架装でキャンパー&釣り仕様
▲ベッド長は約2m確保できます。

この仕様は【ライトキャンパー・プレミアム】として商品化されることになりました。

詳しくはこちらをご覧ください!

茶色のベッドキット(エスクワイア)

ヴォクシー/ノア/エスクワイアの皆さんに大好評の【ライトキャンパーキット】に、茶色のオーダーをいただきました↓(標準色は黒です)

エスクワイア用ベッドキット ライトキャンパーキットです。
▲エスクワイアの内装に合わせて茶色のベッドキットをオーダーいただきました。
ノア・ボクシー・エスクワイアのベッドキット
▲テーブルも茶色(柄は少し違います)にして、統一感もバッチリ!

ちなみに、標準の黒はこちら↓

ノア・ボクシー・エスクワイアの定番ベッドキット【ライトキャンパーキット】です
▲ライトキャンパーキット ¥199,000(税込)バッテリーキットは別売

そうそう、同じ茶色系のオーダーでも、過去には白いマットでも制作しています。

こちらも、スッキリして良い感じですね!

ノア、ボクシー、エスクワイアのベッドキットはOSPトランポキットです!
▲ボックスと床は茶色。マットは白で作るとこんな感じです

このように、既製品のベッドキットでの色を変えるだけで随分印象が変わりますね!

OSPトランポキットでは、お客様のご要望に合わせた色々なオーダー制作を受け付けています。お気軽にご相談くださいね!

 

その他の製作例も是非、ご覧ください →【オーダー製作例】