ライトキャンパープレミアム・バイク仕様

ライダーのお客様のお車に、片側のボックス部のサイズを大きくすることで、

高出力の100Vコンセントシステムやギャレー、収納スペースを組み込むことができる

【ライトキャンパープレミアム】を設置させていただきました。

ボックス内にはあえてシステムを組み込まず、収納スペースとして

自由にお使いいただけるように設計させていただきました。

外したベッドマットもこのとおり、スッキリ収まります。

バイクを積載するために延長タイプのフロアパネルを採用し、

タイヤストッパーも装着しています。

ベッドを跳ね上げてしまえばスッキリとした積載スペースを確保できるので、

バイクトランポとしても活躍してくれる仕様です。

ライトキャンパーのアレンジは、使用用途に合わせてのオーダー製作も可能です。

お気軽にお問い合わせください。

積載荷物に合わせて製作ー。お仕事仕様

お仕事で使う道具類を効率よく積載できるように。と、

道具の形やサイズに合わせて、オーダー製の棚をメインに施工させていただきました。

荷物が散乱しないように、最下段にはフタを付けています。

運転席側にも衝立の壁を立てました。

セカンドシートとの隙間も確保しているので、乗車も問題なく可能です。

道具を洗うことができるように、最後端部にシャワーを設置しました。

左側はオーダー製の棚、右側には跳ね上げ式のベンチ(ベッド)を設置しています。

車内で休憩したり、着替えたりするのに便利ですね。

荷物が多いときは、片面ベンチ(ベッド)を跳ね上げてスマートに収納することが

できるので便利です。

効率よく積載、そして、スムーズにお仕事をしていただけるような内装に仕上がりました。

ベッドキットだけでなく、お仕事仕様の棚やトレーなどのオーダー製作も可能です。

お気軽にお問合せください!

ライトキャンパープレミアム製作例

【ライトキャンパー】の両面跳ね上げベッドのうち、片側のボックス部を大きくして、

サブバッテリーによる100V電装品や収納力を大幅にアップグレード!

出来たその日から「キャンピングカー」として十分使えるほどの、

ベッドキットの最高ランク【ライトキャンパー・プレミアム】をベースに

さらにお客様からのリクエストをいただき、スペシャル仕様をしました。

ハイエースにライトキャンパープレミアムを設置し、車中泊やキャンプ、レジャーを楽しむ車が完成しました。

右側ボックスを高くして、電装やギャレー、冷蔵庫を装備しています。

ハイエースにライトキャンパープレミアムを設置し、車中泊やキャンプ、レジャーを楽しむ車が完成しました。

リヤヒーターをボックスで覆ってしまうので、ボックスには排出口を空けてあります。

ボックス内だけに暖かい空気がたまってしまうのを防ぐことができます。

ハイエースにライトキャンパープレミアムを設置し、車中泊やキャンプ、レジャーを楽しむ車が完成しました。

セカンドシートを外して空いた空間も効率よく活用します!

テーブルを設置して、テレビ台も製作しました。

2人乗りに割り切った仕様だからこそのアレンジです。

ハイエースにライトキャンパープレミアムを設置し、車中泊やキャンプ、レジャーを楽しむ車が完成しました。
ハイエースにライトキャンパープレミアムを設置し、車中泊やキャンプ、レジャーを楽しむ車が完成しました。

ライトキャンパーに比べて、電気の出力を大きく設定しているのも

ライトキャンパー・プレミアムの魅力です!

そこで、100Vコンセントを右ボックスの上部(電子レンジ付近)と、左ボックス前側に増設して、

車内で電気を使いやすくしました。

 

ハイエースにライトキャンパープレミアムを設置し、車中泊やキャンプ、レジャーを楽しむ車が完成しました。
ハイエースにライトキャンパープレミアムを設置し、車中泊やキャンプ、レジャーを楽しむ車が完成しました。

魅力あふれるアレンジが完成しました。

ご夫婦で素敵な写真を撮られるT様。

楽しいライトキャンパーライフをお過ごしいただけましたらうれしく思います(^^)

ありがとうございました!

(ライトキャンパー・プレミアムのお問合せはコチラ)

お客様よりお送りいただきました!

トランポプロ商品をご愛顧いただいておりますM様。

装着後のお写真と感想をご丁寧にお送りいただきました。

いつも本当にありがとうございます(^^)

ハイエース・バイクトランポ仕様です

ブラックに塗装されたパイプがカッコいいですね!

ご購入いただいた商品は、ハイエース用の片面跳ね上げベッドです。

お客様ご自身でボディに装着しているパイプを着色してくれました!

ハイエース・バイクトランポ仕様です

以前ご購入いただいたアッパーパイプと延長フロアパネル+コの字型のタイヤストッパーも

ご活用いただきありがとうございます!

ハイエース・バイクトランポ仕様です

シンプルで軽量、耐久性のあるアルミフレームを採用しているトランポプロシリーズは、

バイク仕様のトランポにピッタリです!

お気軽にお問合せください!

ハイエース・9人乗りにライトキャンパー装着しました

ベッド仕様⇔リビング仕様⇔荷室…と豊富なアレンジが魅力のライトキャンパーキットを

ハイエース・9人乗りに装着させていただきました。

オーダー製作になるため、お車をご入庫いただいて実車に合わせながらの施工をさせていただきました。

ご来店いただき、誠にありがとうございました!(^^)

ハイエース・9人乗りにライトキャンパーベッドを装着しました。

シート後ろのベッド部分を別体にして、簡単に着脱することができるように設計することで、

ベッドの全長を確保しつつも、シートを使うときもストレスがありません。

ハイエース・9人乗りにライトキャンパーベッドを装着しました。

ベッドの土台はフレームを採用しているので、軽量で着脱も簡単です。

ハイエース・9人乗りにライトキャンパーベッドを装着しました。
ハイエース・9人乗りにライトキャンパーベッドを装着しました。

設定グレード以外のお車でもオーダー製作可能です。

お気軽にご連絡・お問合せください(^^)/【お問合せはコチラ

ヴェルファイア用のベッドキット製作しました!

スキー・スノボを楽しまれるお客様からリクエストいただき、

オーダー製作させていただきました!【ヴェルファイア用ベッドキット】!

乗車を優先させたいときには簡単に着脱できて、軽量なフレームタイプのベッドキットです。

ヴェルファイア、アルファードで車中泊・キャンプを楽しむことができるように、ベッドキットを製作しました。

セカンドシートは頻繁に使われるので、シート後ろの部分のベッド部分は着脱することを想定して、

別体にしています。

 

ヴェルファイア、アルファードで車中泊・キャンプを楽しむことができるように、ベッドキットを製作しました。

マットの一角を座布団式マット+天板にすることで、

ベッド上で過ごすときのテーブルとして使うことができるのが機能的!

ヴェルファイア、アルファードで車中泊・キャンプを楽しむことができるように、ベッドキットを製作しました。

お客様のアイディアが満載のお車が完成しました!

【普段使いと車中泊を両立させる内装アレンジ】で、ご家族皆様で楽しむことができる車になりました。

(お車に関するお問合せはコチラ)

完全組み立て式の本格ベッドキット登場!

組み立て家具を組み立てるように、DIYでベッドキットを作ることができる

本格派のキットが完成しました。

ハイエース、NV350キャラバン用の完全組み立て式の本格ベッドキットで、車中泊やキャンピングを楽しむことができます
▲完全組み立て式です。

通販で届く箱を開けるとベッドキットの材料がキレイに梱包されています。

荷物のサイズは大きいので、広めの場所があると便利です。

ハイエース、NV350キャラバン用の完全組み立て式の本格ベッドキットで、車中泊やキャンピングを楽しむことができます

板にはあらかじめ穴が空いているので、ネジ止めの作業も安心です。

ハイエース、NV350キャラバン用の完全組み立て式の本格ベッドキットで、車中泊やキャンピングを楽しむことができます

ハイエース用とNV350キャラバン用をご用意しております。

下方への格納機能がついており、1台で様々なアレンジに対応することができます。

ハイエース、NV350キャラバン用の完全組み立て式の本格ベッドキットで、車中泊やキャンピングを楽しむことができます
▲全面ベッド(ベッド面:約1800×約1300)
ハイエース、NV350キャラバン用の完全組み立て式の本格ベッドキットで、車中泊やキャンピングを楽しむことができます
▲片面ベンチスタイル
ハイエース、NV350キャラバン用の完全組み立て式の本格ベッドキットで、車中泊やキャンピングを楽しむことができます
▲荷室を広く確保することができる、格納スタイル

詳細はコチラ↓


ご質問等もお気軽にご連絡ください(^O^)

ダイハツ・ハイゼット【ライトキャンパー】登場!

皆様からご好評いただいております【ライトキャンパー・キット】。

ハイエース用NV350キャラバン用VOXY/NOAH/エスクァイア用に加えて、

ダイハツ・ハイゼット用が登場しました!

ダイハツ ハイゼット ライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングに大活躍!

フロアパネル、両面跳ね上げベッド、テーブルポール、100Vコンセント、

セカンドシートマットの5点セットです。

ダイハツ ハイゼット ライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングに大活躍!

ベッドの全長は約1700mmあります。軽自動車とは思えない広々とした

快適な居住空間を実現しています。

1台で、ベッド⇔リビング⇔荷室…というように様々なアレンジができるのも魅力的です!

ダイハツ ハイゼット ライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングに大活躍!
▲センターマットのうち1枚は座布団マット+テーブルの天板です
ダイハツ ハイゼット ライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングに大活躍!
▲ベッドを跳ね上げれば積載スペースを広く確保することができます。

車内で100Vコンセントを使うことができるので、車中泊も快適ですね!

ダイハツ ハイゼット ライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングに大活躍!
▲ベッドを跳ね上げれば積載スペースを広く確保することができます。

ハイゼット【ライトキャンパー】のデモ車、販売中です!詳細はコチラ。

ぜひご覧ください(^O^)

 

また、ダイハツ・ハイゼット以外の軽ボックスでもオーダー製作可能です。(スズキ・エブリィなど)

お気軽にお問合せください。

NV200にライトキャンパーキットを装着!

多くのお客様からご好評をいただいております、

【ライトキャンパーキット】をNV200用にオーダー製作させていただきました。

型取りからさせていただき、専用設計・製作です!

NV200にライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングを楽しむことかできます。

跳ね上げ機能があるので、荷物の積載をしたいときでもベッドを装着したままで、

荷室を広々使うことができます。

NV200にライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングを楽しむことかできます。

マットを敷き詰めて、ベッドのフラット状態です。

NV200にライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングを楽しむことかできます。

センターマットのうち1枚は座布団式になっており、

めくるとテーブルが出てきます。

NV200にライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングを楽しむことかできます。

セカンドシートの分割にあわせて、背面にマットを装着しています。

NV200にライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングを楽しむことかできます。

ベッドキット以外には、窓パネルを装着しました。

ネジが効くパネル面は様々なDIYで活用することができますし、

目隠しにも最適です!

NV200にライトキャンパーキットを装着して、車中泊やキャンピングを楽しむことかできます。

NV350キャラバン・仕切り壁でキャンパー仕様

NV350キャラバンをベースにご家族で快適に出かけられるような内装アレンジにこだわりました。

仕切り壁を立てることで、ギャレー、積載スペース、プライベート部分を独立して使えるようにしました。

4ナンバー車でも内装アレンジを工夫することで、効率よく快適な車内になります。

NV350キャラバンでキャンピングカー・車中泊

ギャレー設備周りには、電子レンジや冷蔵庫も設置しました。

NV350キャラバンでキャンピングカー・車中泊

ギャレー部分はフタを付けて開閉式にしています。

NV350キャラバンでキャンピングカー・車中泊

水周りの設備に外から簡単にアクセスできるので、メンテナンスも簡単です。

NV350キャラバンでキャンピングカー・車中泊

セカンドシートを外して、2人乗りに割り切ってしまえば

その分スペースを広く確保することができますね。

靴などを収納できる棚を製作しました。

NV350キャラバンでキャンピングカー・車中泊

テーブルを立てるスペースもあります。

NV350キャラバンでキャンピングカー・車中泊

ベッドマットや床、家具類の色もすべてお客様のお好みでオーダー製作させていただきました。

明るくて清潔感のある内装に仕上がりましたね!

NV350キャラバンでキャンピングカー・車中泊

VOXYライトキャンパーのカラーオーダーです

皆様からご好評いただいております、ライトキャンパー。

カラーオーダーをいただきました。

黒石目柄+黒レザーが標準ですが、、、

VOXY/NOAH/エスクァイア用の車中泊・キャンピングキット商品のライトキャンパーです。
▲標準カラーです。ボックスと床は黒石目柄、ベッドマットは黒です。

茶木目柄のサイドボックスと床、マットは黄色でオーダーいただきました。

明るい雰囲気が素敵ですね!

VOXY/NOAH/エスクァイア用の車中泊・キャンピングキット商品のライトキャンパーです。
▲オーダーカラーです。
VOXY/NOAH/エスクァイア用の車中泊・キャンピングキット商品のライトキャンパーです。
▲フラット状態のベッドです。
VOXY/NOAH/エスクァイア用の車中泊・キャンピングキット商品のライトキャンパーです。
▲ベッドは跳ね上げて使うことができます。

キット商品も色が変わるだけで雰囲気がすごく変わりますね!!

お気軽にご相談ください(^^)/

エブリィにオーダーのフラットベッド

今回製作させていただいたベッドは、ボックス内の収納力を確保することができるフラットタイプです。

軽自動車(エブリィ)に車中泊・キャンピングのフラットベッドを製作しました。

サイズの大きい荷物を積載するときはセンターマットを簡単に着脱することができます。

軽自動車(エブリィ)に車中泊・キャンピングのフラットベッドを製作しました。

助手席側のボックス内には電装を組み込んでいます。

軽自動車(エブリィ)に車中泊・キャンピングのフラットベッドを製作しました。
軽自動車(エブリィ)に車中泊・キャンピングのフラットベッドを製作しました。

セカンドシートは片側ずつでも使うことができます。

軽自動車(エブリィ)に車中泊・キャンピングのフラットベッドを製作しました。

軽自動車の中でも広い車内空間を有するエブリィで、収納力と快適性を両立させる

内装が完成しました!

ありがとうございました!

C25セレナでオーダー製作しました!

ミニバンのライトキャンパー・プレミアムをベースにC25セレナ用にアレンジさせていただきました。

車中泊・キャンプを楽しまれるオーナー様です。

OSPでは、こんなふうに既にお乗りのお車を持ち込んでいただいて、架装をすることもできますよ!

C25セレナで車中泊・キャンピング仕様を製作しました

セカンドシート部分まで合わせれば、大人でもゆっくり足を伸ばして寝られる

ベッド全長を確保することができます。

C25セレナで車中泊・キャンピング仕様を製作しました

セカンドシートを片側ずつ使うことができます。

C25セレナで車中泊・キャンピング仕様を製作しました

セカンドシートを使うときは、後方ベッドにマットを置いておくことができる寸法設計です。

C25セレナで車中泊・キャンピング仕様を製作しました

電装設備は、高さがあるサイドボックスの側面を利用して設置しました。

C25セレナで車中泊・キャンピング仕様を製作しました

ボックスにはお客様のオーダーで電動ポンプ式のギャレー(水道設備)も取り付けました。ミニバンの限られたスペース内に、レイアウトするのが大変ですが、そこは腕の見せどころ!(笑)

C25セレナで車中泊・キャンピング仕様を製作しました

お客様は納車後にさっそく、車中泊の旅におでかけされたそうです。

自分が作った車ですが、ちょっとお客さんがうらやましい~~~!

ヴェルファイア車中泊仕様

ヴェルファイア・アルファードには、なかなか「これ!」といったベッドキットがありません。今回は、お客様とかわいいワンちゃんが一緒に楽しく車中泊旅行できる、内装を完全オリジナルで製作させていただきました。

3列目シートは取り外して、4人乗りに割り切り、後部にはボックスタイプのベッドキットを設置しました。ツートンのベッドマットやボックス色は、オーナー様こだわりです!

ヴェルファイア・アルファードで車中泊・キャンピング仕様を製作しました。

ベッドマットを敷いたままでもテーブルを立てることができるように

マットの形状に細工しました。

ベッド高さをできるだけ低くして、ベッド上から天井までの空間を最大限に確保しました。2列目シートがあるので、これ以上ベッドを下げることができません…。

ヴェルファイア・アルファードで車中泊・キャンピング仕様を製作しました。
ヴェルファイア・アルファードで車中泊・キャンピング仕様を製作しました。

ベッド下の空間は、お客様が「これを収納したい」という荷物の大きさをうかがって、それに合わせて設計しています。完全オーダー品ならでは、の仕上がりですね!

ヴェルファイア・アルファードで車中泊・キャンピング仕様を製作しました。
ヴェルファイア・アルファードで車中泊・キャンピング仕様を製作しました。

セカンドシートは背もたれを倒した状態でベッド下に収納してあります。

ヴェルファイア・アルファードで車中泊・キャンピング仕様を製作しました。

エンジンを停めていても家電を使うことができるコンセントキットも装備しています。

ヴェルファイア・アルファードで車中泊・キャンピング仕様を製作しました。

ご家族皆様でたくさんお出かけしていただけたらうれしく思います!

ありがとうございました。

ソーラーパネルが人気です

 

サブバッテリーキットを装着されるお客様には、ご使用になりたい電気製品(必要な電力量(Wワット数)に応じたシステムをご提案しています。

 

…が、そこはどうしても自動車ですので、電柱から電気をもらう訳にはいかず、所詮はバッテリー頼り。となるわけです。となると、使えば減ってしまうバッテリーをどうやって充電するか!? が問題です。

 

まず、通販できる【サブバッテリーキット】にも標準装備している【走行充電システム】

メインバッテリーから電線を通すのが面倒くさいですが、これは必須と言って良いでしょう。

ハイエース、キャラバンにサブバッテリーキットを付けましょう!
▲メインバッテリーから+、-の線を通すのが、ちょっと面倒くさい…

 

走行充電システムは、エンジンをかければサブバッテリーが充電されるので、一番わかりやすく一般的なシステムですが、あくまでメインバッテリーで余った電気をサブバッテリーにまわしてもらうので、メインとサブ、どちらかのバッテリーが極端に電圧低下していると充電されない(メインバッテリーを守るため)回路になっています。

 

そこで、これだけでは不安な場合は、外部充電がオススメ↓

OSPでサブバッテリーキットを付けよう!
▲外部の100Vコンセントから電気をもらって、サブバッテリーを充電します

 

上写真のように、バンパーなどに外部充電専用のソケットを付けると、ちょっとキャンピングカーっぽくてかっこいい(?)ですよね。ドアを開けなくても、コードを挿すだけでサブバッテリーが充電されます。

 

 

これらとは別に、最近人気が出てきているのが【ソーラーパネル充電】です。

走行充電や外部充電に比べると、専用の【ソーラーコントローラー】が必要だったり、高出力なソーラーパネルはまだまだ価格も高く、取り付けも大変で、お手軽ではありませんが、やっぱり「天気さえよければ、何もしなくても充電されている」という安心感には代えられないものがあります。

 

下写真のようなフレキシブルタイプなら、天井にピッタリ貼り付けられるので、自動車の全高にもほとんど影響がありません。

ハイエースやキャラバンにソーラーパネルを付けましょう!
▲写真は165Wのフレキシブルタイプ。まだまだ高価ですが、効果もバツグン!
サブバッテリーの充電方法あれこれ
▲外部充電器(黒)とソーラーコントローラー(シルバー)

サブバッテリーの充電 3パターンをご紹介しました。

 

◆頻繁に走る人なら走行充電。

◆お出かけ前に、自宅で充電してから出発できるなら外部充電。

 (オートキャンプ場など100V電源があるところならOK!)

◆車を停めたまま(もちろんコンセントなど無い)で、連泊も多いならソーラーパネル。

 

といったところでしょうか…。