【ライトキャンパー】とは?

 本格的なキャンピングカーほど豪華で高価ではない、

1.『必要にして充分な装備』と

2.『手ごろな価格』

3.『車検OK』(構造変更の煩わしさがない)

を備えていること。

また、

4.車両ごと新車・中古車で完成車としても購入できる。

5.既に乗っている車を持ち込んでいただいての施工もできる。

そんな条件を満たし、車中泊・クルマ旅に最適な内装を持つワンボックスカーやミニバン。

 それが私達OSPトランポキットがご提案する【ライトキャンパー】シリーズです。

 

▲NOAH
▲NOAH

1.『車種』

 

【ライトキャンパー】シリーズは

◆ハイエース/キャラバン

◆VOXY/NOAH/エスクワイア

◆ダイハツハイゼット/スズキエブリィ

◆NV200

◆ライトエース/タウンエース

 

で、製作実績があります。いずれの場合も

 

〇両面跳ね上げ式のベッドキット と センターテーブル

〇車内で使える100V電源・サブバッテリー を備えています。

 

 

▲ハイエースS-GL
▲ハイエースS-GL
▲VOXY
▲VOXY
軽キャパ― ライトキャンパー
▲ハイゼット(軽BOX)

▲ハイエースS-GL
▲ハイエースS-GL

 

サブバッテリーは、ハイエースや軽ボックスの場合は左ボックスに。ヴォクシー/ノア/エスクワイアでは、床下に格納されます。

▲VOXY
▲VOXY

2.『手ごろな価格』

 

〇ベッドキット

〇フロアパネル

〇センターテーブル

〇サブバッテリー&走行充電システム

のすべてを装備して、

 

内装架装費用の合計が

50万円以下(サブバッテリーが500Wの場合)

収まります。

(ライトキャンパー・プレミアムを除く)

 

3.『車検OK』

 

【ライトキャンパー】シリーズは、地元のネッツトヨタディーラーでも販売しています。

原則として、構造変更の必要はなく、車検場への持ち込みも不要です。すべての内装品は、必要な装備を自動車に「積載している」=「荷物を積んでいる」という取り付け方が基本です。

もちろん8ナンバーではなく、ベース車両のナンバーから変更することはありません。

 

 

▲NV350キャラバン
▲NV350キャラバン

フロアパネルは置くだけ。

その上に装備されるベッドキットも、ターンバックルやノブボルトでの固定となるため【ライトキャンパー】シリーズの装備は「荷物」とみなされます

▲エスクワイア
▲エスクワイア

ハイエースで車中泊するならOSPトランポキットのライトキャンパーが最高!
▲ライトキャンパーフルセット

4.『DIYでの取り付けも可能』

 

 

 車種によっては通販で内装パーツだけをご購入いただき、DIYで取り付けることもできます。メニューから、車種ごとの【ライトキャンパー】のページにお進みください。

ベッドキット/フロアパネル/テーブル/サブバッテリーキットそれぞれの個別販売はもちろん、すべてを備えた【ライトキャンパーフルセット】も通販でご購入いただけます。

 

▲フロアパネル
▲フロアパネル
▲テーブルポール
▲テーブルポール
▲サブバッテリーキット
▲サブバッテリーキット
▲ベッドキット
▲ベッドキット

4.『完成車輌をご購入の場合』

 

【ライトキャンパー】シリーズは完成車輌でも販売できます。

希望の車種やご予算を伺えれば、中古車でもベース車からお探しできます。

また【ライトキャンパー・プレミアム】シリーズは、車検場への持ち込みによる構造変更が必要になる車種もありますので、パーツだけの通販が出来ません。詳しくはお問合せ下さい。

あなたにぴったりの【ライトキャンパー】は ↓CLICK

▲ハイエース
▲ハイエース
▲NV350
▲NV350
▲VOXY/NOAH/エスクワイア
▲VOXY/NOAH/エスクワイア
▲ダイハツ・ハイゼット
▲ダイハツ・ハイゼット