マイナーチェンジを繰り返し、着々とグレードアップしながら揺るぎない人気を不動のものにしている、ハイエース(ネッツ店ではレジアスエース)。

OSPのトランポキットでも、ハイエース用パーツは定番アイテムですが、私達【作り手】から見た、ハイエースの魅力と欠点(?)をここでは思いつくままにご紹介します。

(内容は書き手(OSP代表高瀬)の主観です。悪しからずご了承ください)

 

〇純正フック(床面4か所)が使える

 

ベッドキットやキャリアなど、内装パーツの固定には大抵この部分のボルト&ナットを使います。これが無かったら、何をするにも相当苦労しただろうなぁ…。

〇純正フックを使う代表的なキット

ハイエース用の棚です。収納車内キャリアとして便利です。
ハイエース用カスタム室内収納キャリアです。 タイヤハウスキャリア トランポ トランポプロ
ハイエースのベッド内装カスタム車中泊アイテムです。 レジアスエース 跳ね上げベッド トランポ
ハイエースの内装カスタムフロアパネルです。 レジアスエース トランポ

 

〇ガラスの下にちょっとだけ平らな部分がある(S-GL)

 

荷室の側面ガラスの下にちょっとだけ平らな部分があります。そのおかげで、ここでラックや棚の荷重を支えることが出来るので助かります。

〇ガラス下のちょっとだけ平らな部分を使っている代表的なキット

ハイエース用のカスタム室内キャリアです。 レジアスエース 内装 キャリア 収納 トランポ カスタム 室内ラック
ハイエース用の棚として使える内装カスタム室内キャリアです。
ハイエース用のカスタム室内キャリアです。 レジアスエース 内装 キャリア 収納 トランポ カスタム 室内ラック

 

●天井のグロメット部分は強度がない

 

私たちのような内装架装をする時に、どうしても頼りたくなるのが、天井の両サイドにある穴。プラスチックのピン(グロメット)を外せば鉄板にアクセスできるのですが、いかんせん強度不足。キャラバンのように頑丈な埋め込みナットがあれば最高なのですが…。

●それでも天井のグロメット部分の穴を使っている、代表的なキット

ハイエース用のロッドホルダーです。 レジアスエース 内装 ロッドホルダー キャリア 収納 トランポ カスタム 室内ラック
ハイエース用の室内収納キャリアです
ハイエース用のカスタム内装室内収納キャリアです。

▲ラゲッジマット【YOGOREN】
▲ラゲッジマット【YOGOREN】

 

〇荷室の形がほとんど変わっていない

 

後席ベルトが標準装備になったり、自動ドアが付いたりという、マイナーチェンジ時の多少の変化はありますが、基本的には2004年のデビュー当時から変わらない荷室形状。おかげで、コストのかかるベッドキットが量産でき、次第に価格も安くできます。「これからも変わらないで欲しい…」と思うのは私だけ?

〇荷室形状が変わらないからこそ、このクオリティがこの価格で出来るんです。

ハイエースのベッド内装カスタム車中泊アイテムです。 レジアスエース トランポ

マルチ収納ボックス

¥45,000(税抜)

ライトキャンパー

¥419,000(税抜)

ライトキャンパープレミアム

近日発売


 

〇●セカンドシートが一体型

 

美点、欠点両方あるのがセカンドシート。一体型で座り心地が良く、前後に若干移動出来るのも良いのですが、シート下空間が狭くて、長尺物の積載には適さない。せめて背もたれだけでも分割してくれれば…と思ったりします。

〇シート部分を活用する代表的なキット

シート上テーブル

¥27,000(税抜)

ハイエースの内装カスタムタイヤストッパー付フロアパネルです。 レジアスエース トランポ

シート下パネル(受注生産)

¥40,000(税抜)


〇なんと言っても作例が多い

オーダーメイドのキャンピングカーやトランポ、また、お仕事用のキャリアや棚の製作など、

豊富な作例・前例があるのが

ハイエースの一番の強み

 

是非、あなたの理想の一台を

ハイエースで作ってみませんか?

 

私たちの出来る限り、

お手伝いさせていただきます